お気に入りの喫茶店「カフェ・アルファ」

  • 2018.12.17 Monday
  • 13:59

寝る前に漫画を読んでます。

今は「ヨコハマ買い出し紀行」を読み返しています。

 

”アルファ”さんはロボットです。

彼女が歳をとらないことを強く感じます。

周りの人たちが居なくなることが切ない気持ちになります。

 

親しかった子供が大きくなり

ご近所のおやじさんが歳をとっていく。

「わしがいなくなったらここで喫茶店をやりな!」

 

そう言ってくれるおやじさんのやさしさと

その後も自分はいまのままの姿で居続けるであろう未来。

何気ない日常のささやかな出来事の数々が折り重なっていく。

 

ゆえに時間の流れが”無情”に感じられるのです。

ロボットだから耐えられるのかまたはそうではないのか

 

時間もひとつの要素になっているように思います。

 

作中に「きのこのようなもの」が出てきます。

 

何かを語りかけているような謎の存在感があります。

 

 

 

こちらのきのこは何を語りかけているのでしょうか。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「シロテングタケ」に似ています。

撮影は2018年8月23日です。

場所は兵庫県の宝塚市の中山です。

カメラは ニコン D60 です。

 

手を振り合うも多生の縁?

  • 2018.12.16 Sunday
  • 17:03

日帰りハイキング。

今年の10月に宝塚市の最高峰「岩原山」に到達しました。

展望のない山頂であったものの満足感に浸り下山する途中の事です。

 

分岐で道を検討している方々と出会いました。

当方も地図を見て確認していましたので声を掛けられました。

南へ向かう道がそうだろうと歩き始めその人たちもついてきました。

 

私は途中で水分補給の小休止。

その間にお先にとばかり抜いて行きました。

歳の差もあるのか先方はかなりのハイペースです。

 

遅ればせながらこちらも出発しました。

やがて展望の開けた場所に出たので景色を楽しんでおりました。

そこは幾つかの小さなピークが点々と見渡せる景色の良い場所でした。

 

ふと遠くの方で「オーイ」と言う声が聞こえました。

眼をこらしてそちらをみるとピークの開けた場所で手を振っています。

え!先ほどの一人がこちらに向かって手を振っているのが分かりました。

 

思わずこちらも手を振って答えました。

向こうに伝わったようで両手で振返してきました。

何か子どもの頃に返ったような気分になり楽しくなりました。

 

その辺りの地形ゆえにできる遊びなのかもしれません。

 

山での楽しい経験でした。

ただ同じ道を歩いただけですが良い思い出となりました。

 

 

左側に小さなピークが見えます。

手を振るのがかろうじて見える距離です。

撮影は2018年10月です。

パノラマモードでの撮影です。

カメラは FUJIFILM XP70 です。

リコー・オートハーフE

  • 2018.12.13 Thursday
  • 14:08

中学生の頃初めてお小遣いを貯めて買いました。

 

四角いデザイン。

大き目のシャッターボタン。

底面にあるノブを回して自動巻きのゼンマイを巻く。

四角いレンズキャップはセレン受光部もすっぽりカバー。

 

さらに純正のフラッシュも装着しておりました。

口紅の半分くらいの長さで四角い積層電池1本で発光。

カメラ本体の横に直接固定できるのでカッコ良かったです。

 

ガイドナンバーは約30。

フラッシュの反射板は収納式です。

フラッシュバルブは当時の最小クラスです。

 

ボディーパネルは三角形をあしらったデザイン。

”逆ガリレオアルバタ式ブライトフレームファインダー”

当時写真部だったので修学旅行(東京)にも持っていきました。

 

ハーフサイズ故に粒子は荒目です。

引き伸ばしはキャビネ版が限界でした。

四つ切サイズでは明らかにぼやけてしまいます。

 

当時は大阪万博真っ盛りです。

会場にはリコーのパビリオンもありました。

カメラには記念品が貰える引換券が付いていました。

残念ながら回る時間がなくなってしまい使えませんでした。

 

 

本格的に寒くなってきました。

雨上がりの水滴が葉の上で輝いていました。

 

撮影は2018年12月13日です。

場所は兵庫県の宝塚市の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

2.5R 4/14?

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 13:30

紅葉を見てふと思いました。

紅葉でもいろが微妙に違います。

数値化するとどうなるのでしょうか。

 

試しにマンセル記号を調べてみました。

1枚目の写真の赤色はマンセル2.5R 4/14となりました。

 

SFのようですがカッコ良いのかどうか分かりません。

色も記号にしてしまうと味気ないものになってしまいます。

他に「JIS慣用色」「日本の伝統色」「塗装用色見本」などがあるようです。

 

それぞれ異なる結果が出てきそうな感じです。

光りの具合も影響しそうですがやはり色そのものが違うようです。

アナログ人間なので見たまま綺麗であれば良しとしたいところです。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本の樹木」)では「ハゼノキ」に似ています。

撮影は2018年11月27日です。場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。(この赤はマンセル2.5R 4/14が近いです。)

 

​​

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本の樹木」)では「ナンキンハゼ」​​に似ています。

撮影は2018年11月15日です。場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。(この赤色はマンセル7.5R 5/18が近いです。)

 

 

野性モードで!

  • 2018.12.09 Sunday
  • 13:46

きのこの写真を撮るために探す。

 

地面・木の周り・落葉の周辺を見る。

 

臭い・空気の湿り具合・日当たり具合を肌で確かめる。

 

歩きながら野性モードON!

 

初めの頃は見つかりませんでした。

やみくもに眼だけで見つけようとしても見つけにくいです。

 

見つけたときはその場の雰囲気を覚えます。

それを何回も繰り返す事しかないように思います。

 

知識も大事ですがかえって感覚を否定してしまう事もあるので山では

「野性モード」全開の方が見つけやすいかも知れません。

 

 

そんな中一見苔が生えただけの場所ですがきのこを見つけられました。

 

傘の直径約6ミリメートル。

高さは約30ミリメートルです。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「ヒメコガサ」に似ています。

撮影は2018年9月28日です。

場所は兵庫県の阪急山本駅から北の山です。

カメラは ニコン D60 です。