夕日を見ると聞きたくなる曲

  • 2019.09.19 Thursday
  • 10:44

山に登る

理由の一つは

山頂から眺める事かも知れません。

 

特別な山でなく

近くの高台などでも

上から見るだけなのに

世界が違って見えたりします。

 

何かに

行き詰って

もやもやした時

高い所から町並みを観ると

 

気分が変わります。

 

夕日だと

また明日がくる

 

 

今日に

さよならできるような気がします。

 

そんな時

聞きたくなる曲ですな。

 

「もういちどLove You」

 

笠原 弘子さま有難うございます。

 

 

感傷的な気分に浸って油断すると隙をつかれます。

「オナモミ」よりも取るのが大変です。

 

写真は「アレチヌスビトハギ」のようです。

 

撮影は2019年9月17日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

日差しの先に佇む

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 13:33

北摂の山々に

降り注ぐ厳しい日差し

 

朝夕はともかく

まだ山には足が向きにくい

 

そんな日差しの彼方に

ゆったりと佇む六甲銃走路の尾根は

 

涼しげに

手招きしているようにも見えます。

 

あわてる事はないでしょう。

 

観ているだけでも

満足させてくれる山容は今日も美しい。

 

六甲銃走路のすそ野のような形?

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)では「スエヒロタケ」に似ています。

 

とは言うものの大きさはかなり控えめです。

 

撮影は2019年9月3日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

ミスジと言えば?

  • 2019.09.15 Sunday
  • 18:03

焼肉を

連想する方はグルメでしょう。

 

希少な

部位の様で

一度は食べてみたいものです。

 

さて

古い話ですが

ミスジと言えば

「ミスジ豆炭」を思い出します。

 

商品名です。

 

まあ

豆炭と言うものが

既に聞きなれない物となりました。

 

冬に

アンカの中に

入れて使いました。

 

湯たんぽよりは

朝まで温かかったように思います。

 

 

こちらは「ホシミスジ」に似ています。

 

撮影は2019年9月3日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

行燈(あんどん)

  • 2019.09.13 Friday
  • 11:35


子どもの頃

地方の古い旅館は

まるで時代劇に出てくるような感じでした。

 

まず

天井が低い!

昔の人は身長が

低かったのがよくわかります。

 

部屋には

エモン掛けと

小さな火鉢と

陶器製の灰皿などがありました。

 

まだ

キセルで

煙草を吸う人が

少なくなかった時代です。

 

衣桁(いこう)は

黒い立派な塗りで仕上げたものでした。


テレビは

一般に普及する前で

設置されていませんでした。

 

そんな

部屋に

ぽつんと

行燈がありました。

 

直方体の木枠に

白い紙が貼った行燈は

 

なんとも

大人な風情が

漂っておりました。



秋らしい風に吹かれるとほっとしますな。


撮影は2019年9月13日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラはニコンD60です。



やっぱり食べてみたい!

  • 2019.09.11 Wednesday
  • 13:49

実を見るたびに

食べてみたいと思います。

 

「ヤマボウシ」

 

図鑑を見ていて

実が食べられる事を知りましたが

 

まだ

食べた事がありません。

 

色が綺麗で

形もかわいいので

観ているだけでも良いのですが

 

やはり

機会があれば食べてみたいと思います。

 

 

写真のものはまだ小さいようです。

 

ジャムや果実酒にもなるようですな。

 

撮影は2019年9月3日です。
場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコン D60 です。