日光写真!

  • 2020.04.06 Monday
  • 10:46

昔の

駄菓子屋さんで

買ったのが最初で最後です。

 

大きさは

タバコの箱ぐらいで

透明なガラス板が付いています。

 

半透明のB5くらいの紙に

漫画のキャラクターなどが

いくつも印刷されていて、四角く切り離します。

 

遮光袋から

名刺くらいの印画紙を取り出して

好きなキャラクターの紙と重ねて

ガラス板に挟み込み、日光に当てて感光させます。

 

印画紙に絵が反転、転写されます。

 

それが不思議で面白かった。

 

なんとも

のんびりとしたものでした。

 

 

 

こちらも春の日差しにプカプカのんびり!

 

撮影は2020年4月6日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

計算尺カッコいい!

  • 2020.04.04 Saturday
  • 10:28

計算尺を

初めて見たのは

小学生の頃でした。

 

55年くらい前!

 

叔父が

建築関係の

仕事をしていたそうで

本格的な物だったと思います。

 

電卓も

まだ市販されていませんでした。

 

竹製でした!

 

当時は

温度による誤差を

生じにくくするため

材質が限られていたようです。

 

今では

サンスケ(三角スケール)も

竹製のものは手に入りにくいようです。

 

精密に刻まれた

目盛りと数字、さらに

カーソルにはくっきりと赤い線がありました。

 

持った時の

手になじむ感じが良かったです。

 

大人の道具!

かっこいいと思いました。

 

叔父は

勉強しろとは言いませんでした。

 

ただ

いつも良い文房具を

ポンと買ってくれました。

 

UNI鉛筆の

書きやすさに

感動したのを今でも覚えております。

 

何年かして

計算尺も買ってもらいました。

 

 

春のきのこです。

散歩の途中で偶然見つけました。

 

不明ファイルNo.25となりました。

 

撮影は2020年4月2日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっぷりと暮れる!

  • 2020.04.02 Thursday
  • 12:45

昔の夜は

全体が真っ暗!

 

昼とは

別世界かと

勘違いしそうな程

闇が深い印象でした。

 

昭和30年代

 

兵庫県の尼崎市

 

田舎というわけではありません。

 

日が

落ちていく頃

電柱の裸電球が

肌色の淡い光を放ちはじめます。

 

家の窓から

明かりが漏れ

焼き魚やカレーの

匂いが流れてきます。

 

なんとも心細い

家に帰りたいような

切ない気持ちになりました。

 

遠くに

列車の警笛が聞こえると

闇の中に連なった窓の光が流れて行きます。

 

街灯はなく

まわりは田んぼで

土がむき出しの道が

闇に吸い込まれように通っていました。

 

夜に出かけることはほぼありませんでした。

 

夜の闇に対するイメージは

今とはかなり違っていたのは間違いないでしょう。

 

 

昼間は太陽の眩しさが実感できます。

 

桜も千差万別ですな。

 

撮影は2020年4月2日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

 

ミシンのおじさん。

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 11:03

家電量販店!

 

今でこそ

お馴染みですが

 

50年前は

 

町の電気屋さんで買って

配達してもらい、その後の

修理とメンテもお願いしました。

 

ところが

 

ミシンだけは

別になっていました。

 

当時

我が家の

ブラザーミシン!

 

足踏み式で

はずみ車に革製のバンドを

掛けてペダルを踏みながら使いました。

 

子どもなので

見てるだけでしたが

 

保守は

専門のおじさんがきます。

 

手際よく分解!

掃除、調整、注油と

テキパキとした作業に見入っておりました。

 

ボビンまわりの

機械の動きが複雑で

子どもには理解できませんでした。

 

今思うと

興味の対象を

観察する習慣は

そうやって身に着けていったのかも知れませんな。

 

大人の作業は

所作や手の動き

力の入れ具合など

参考になることが多かったように思います。

 

 

この花、よく見ると特徴のある形と色です。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本の樹木」)では「フサアカシア」に似ています。

撮影は2020年3月17日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。​​

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

 

 

タダでできるマキマキゲーム?

  • 2020.03.29 Sunday
  • 10:26

50年以上前に

流行ったアナログな遊びです。

 

実は

何と呼ばれてたか

覚えておりません。

 

特に

呼び方も

なかったのかも知れません。

 

電子ゲームなどなく

 

せいぜい

おもちゃのトランシーバーが

精一杯の頃なのでみんな工夫して遊びました。

 

細長い紙に

縦に道(線)を書いて

途中で分岐がありますが最後にゴールする。

 

二人で操作します。

出題者は巻いた紙を支え

挑戦者は引っ張りながら

指で道をたどっていきます。

 

意外と外野が盛り上がります。

 

今なら

レシートをつなげて

裏に書くとちょうど良いみたいです。

 

再現してみました。

 

 .好拭璽箸靴燭虔岐を選んで進んでいきます。

 

 

行き止まりになるとアウトです。ここで選手交代しても盛り上がります。

 

 

 

 最後はゴール!

 

みんな絵を工夫したり

バツゲームのようなことを書いたりしていました。

 

こんなものでも友達の個性が見られて楽しかったです。

 

 

きのこの写真が恋しくなってきました。

 

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「ドクベニダマシ」に似ています。

撮影は2018年9月28日です。

場所は兵庫県の阪急山本駅から北の山です。

カメラは ニコン D60 です。