むか〜しむかし…何があったの?

  • 2018.10.18 Thursday
  • 13:54

山を歩いていると大きな石が転がっていることがあります。

気になりますな。

2009年に兵庫県の竹田城跡に行きました。

当時は自由に歩き回れました。

山の中には「山城」の跡と言われるものもあります。

ガイドブックにはあまり詳しくは載っておりません。

兵庫県北摂山域の堂床山も昔「お堂」の跡があったとか言われておりますが定かではないようです。

大きな石を見るとよく運んだものだと思います。

 

その昔人が行ったきり帰ってこないとか。

姥捨山の伝説があったとか。

途中に洞窟があるとか。

山名が変更されたとか。

一応説明書きがありますが詳しく分からないものも多いようです。

 

さまざまなことを想像してしまいますが

実際は当時の生活に根差したものが多いのかもしれません。

石を見ているとそんなことを考えてしまいます。

 

写真は兵庫県の大峰山の山道です。

撮影は2007年4月4日です。

カメラは FUJIFILM Fine Pix A345です。

 

 

 

 

 

 

 

 

きつねにつままれる。狸にばかされる?

  • 2018.10.08 Monday
  • 09:43

昔話に出てくるお話です。

昔の人はきつねやたぬきが人をからかっていると感じたのでしょう。

本州にいるきつねやたぬきについては夜行性のようです。

警戒心が強く臆病なので人を見ると逃げます。

そういう所も悪さをしていると思われたのかも知れませぬ。

 

秋の日はつるべ落とし。

日が暮れるのが予想以上に早いようです。

うっかり日が暮れた暗い山道。

何時間も歩き続けます。

夜道なので同じような道の繰り返しに見えます。

やがて疲労と睡魔が襲ってきます。

歩き続けると「感覚遮断性幻覚」を見るのだとか。

そしていつの間にか道端で寝ていたなどと言う事態になるようです。

かなり古い昔話などにも同様なお話があるようです。

たかが山道と言えど人の見る幻と結びつくと奥深いものがあります。

ネットやスマホを少し離れるとアナログな現実世界が広がっているようです。

昔の人々の見た幻は私には想像もできない一大スペクタクルだったのでしょうか。

幻覚を見たいとは思いませんが。

 

散歩で見つけた花です。

「サルビア・ガラニチカ」のようです。

撮影は2018年10月4日です。

場所は兵庫県宝塚市内の道端です。

カメラはニコン D60 です。

 

 

 

 

 

クチコミの山情報?

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 11:16

目撃情報あり!

兵庫県の中山の北には北摂山群が控えている。

最近「くまさん」を見た!

との情報を耳にしました。

「西谷」と呼ばれる地区の方に確認すると確かな情報のようです。

早速「カウベル」を装着して出かけました。

山ではいつもより「スズ」や「カウベル」の音が多いようです。

 

みなさん情報が早いですな。

私と言えば十数年前に中山周辺でおサルさんを見かけたぐらいです。

やはり「くまさん」に会うのは遠慮したいです。

 

写真はアオイトトンボのようです。

のどかな山の休憩タイム。

 

 

 

あまーいのとにがーいの?

  • 2018.09.24 Monday
  • 15:54

スーパーで売ってるのを見た時はビックリ!

こんなの売ってるの。

ミツバアケビなんて

山で採るものとばかり思っていたのに。

今見ても食品トレーに入ってラップされてる姿には違和感があります。

初めて山で見たのはパックリきれいに開いたものでした。

きのこを捜して下ばかり見ていましたが

川沿いのちょっとした木に蔓が巻き付いているのを見上げたら

そこに紫色のものがパカッと開いてぶら下がっていました。

鳥にも食べられていないようでした。

 

実の味はとにかく甘さオンリー!

苦味も酸味もなし。

ところが皮の方は苦味オンリー!

なんとも極端な味の分担。

 

今まで食べた中でこれほど甘味しかない実は初めてだと思います。

ただ見た目は白いゼリー状の中に沢山の種が透けて見えます。

”グロい”と思う人もいるかもしれません。

それと種を除くのは難しいので種ごと食べてあとで種だけ出すしかないようです。

紫色の皮と白い実。

他に類のない秋の味覚かも知れません。

 

ちなみに写真のものはこちらが崖っぷちで手が届きませんでした。

ズームを効かせたので近くに見えます。

撮影は2018年9月24日です。

カメラはニコンD60です。

 

 

 

 

こんなん出来ましたけど〜

  • 2018.09.08 Saturday
  • 09:41

夜中の2時半頃。

ドーンという雷鳴で目が覚めた。

落雷は数億ボルトの電圧だとか。

雷光の形には怒りのようなものを感じる。

 

自然はエネルギーもセンスも桁違いです!

山歩きで草木や昆虫、鳥などを見ていると美しいと感じる。

その流れで鉄塔や立て看板を見ると違和感を覚える。
昔から動植物をモチーフとするデザインは多い。

自然の造形センスの前では人のデザインは無力に近いようです。