眠る木。

  • 2020.06.19 Friday
  • 09:07

ご存知

「オジギソウ」の葉は

触れるとおじぎをするように閉じていきます。

 

同様に

「ネムノキ」は

日が落ちると葉が閉じていくので

眠る木という事で「ネムノキ」となったそうです。

 

なにやら

葉の形も似ております。

 

花も個性的で

先が赤いのが雄しべ

少ないですが長めで白いのが雌しべ

 

実際の

花弁はその下部に

控えめに付いております。

 

ふわっとした

赤と白の対比が美しい!

 

覚えやすい木のひとつです。

 

 

 

木は季節によって印象が変わりますな。

 

撮影は2020年6月15日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラはNIKON D60です。

 

 

 

 

 

 

 

 

年輪。

  • 2020.06.05 Friday
  • 12:56

動かざること山のごとし

 

と言いますが

 

山には

木がつきものです。

 

冬の

枯れ木も

やがて新緑をまとい

瑞々しさを取り戻します。

 

時は巡り季節を繰り返します。

 

木々たちは

そうやって年輪を重ねていくのでしょう。

 

一見すると

代わり映えのない

一生のようですが

 

それぞれの

ドラマがあるようにも思えます。

 

風雪に耐えるだけでは

生き残れないのかもしれませんな。

 

 

害虫による古傷のようです。

 

「こんなの誰にでもあるだろ」と聞こえてきそうです。

 

撮影は2020年5月14日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラはNIKON D60です。

 

後でくる?

  • 2020.03.21 Saturday
  • 10:08

回復力!

 

なんと力強い響。

 

憧れます!

 

タンパク質の

体を持つ人類の宿命でしょうか。

 

はたまた

現在の遺伝子を中心とした

細胞システムの掟なのでしょうか。

 

老化は避けられません。

 

しかも徐々に迫ってきます。

 

個人差はありますが

筋肉痛や疲れが

後からきます。

 

浮かれ気分で

羽目を外すと

お仕置きでもされるが如く

後でつらい思いをする事になります。

 

そうやって

自分の限界点が変わっていくのが分かります。

 

10年前の自分との違いを実感します。

 

気持ちに

体が付いてこない

とはよく聞きます。

 

とは言え

 

見方を変えれば

気持ちは歳をとりにくいとも言えます。

 

 

せめて気持ちだけでも若く柔軟でありたいものですな。

 

咲き始めた花の奥には枯れた松も見えます。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本の樹木」)では「ソシンロウバイ」に似ています。

撮影は2020年2月24日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。​​

定番の!

  • 2020.03.09 Monday
  • 10:33

定番の

 

お店

食べ物

ゲーム

お土産

散歩コース

 

数々の定番が存在しますが

 

意外と条件は

難しいと思います。

 

例えば

食べ物では

美味しすぎてもダメ!

 

飽きてしまいます。

 

ちょっとクセがあるが

また食べたくなるくらいが

ちょうどいいのかも知れません。

 

トータルで

ぶれないところが

プラスに働くのでしょうな

 

私事で恐縮ですが

 

最近は

普通のインスタント袋麵を

焼きそばとして食べるのが定番になりつつあります。

 

既にご存じの方もおられるかも知れませんが

 

お湯を少な目で茹でて

柔らかくなったらスープを

四分の一投入、後は水分が無くなったら完成!

 

焼いてないし!

 

と突っ込まれそうですが

焼きそば風ということでご容赦ください。

 

お好みでソースなどを

かけても美味しいと思います。

 

 

春の定番といえば桜です。

 

撮影は2020年3月9日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アリンコに見える?

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 13:28

よく散歩に出掛けます。

 

キノコに興味を持ち

 

木も気になるようになりました。

 

散歩は飽きません。

 

毎日

少しずつ

変化しているのが

分かるようになってきました。

 

新芽

若い葉

やがて花が咲き

実がなる一連の変化!

 

若かった頃は気にも留めなかった。

 

桜の花

ひまわりの種

柿の実など、自分の都合だけで見てきたのが

 

歩きながら

ゆっくり見ると

ゆっくり変化していることが

面白いと思えるようになりました。

 

時間の感じ方が変わったのかも知れません。

 

 

立派な「クスノキ」です。

 

木の方から見れば人間はせわしないアリの様に見えるのでしょうか。

 

撮影は2020年2月6日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラはFUJIFILM XP70です。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM