手になじむ道具

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 08:58

カメラもいくつか使いますが

 

手にしたときの感覚は大事です。

 

実際に写真を撮る時の持ちやすさ

ファインンダーの横から差し込む光が不快ではないか

シャッターボタンの手触りと

押し込んだ時の感覚!

 

きのこの場合は

かがんだ姿勢での操作のしやすさが大事です。

 

デジタル機器が増えても

人の身体や感覚はいわゆるアナログなのですね。

 

さらに人によって撮り方も違います。

 

操作画面の文字と色も

好みの分かれるところです。

 

カメラを道具として見た場合

愛着が湧くかどうかは重要でしょう。

 

撮りたくなるカメラ!

 

それが売れるかどうかを左右しますな。

 

カメラの形や手触りは多様になったようですが

手にした時の重心の位置や操作のしやすさは

いま一つのような気もします。

 

好みの感覚にどれだけ近づけるかですな。

 

 

 

いよいよ日差しがありがたい感じがしてきました。

 

撮影は2019年11月12日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

色があるとき〜無いとき〜

  • 2019.11.22 Friday
  • 11:07

カラー写真が普及して久しい。

 

小学校の頃

昭和30年代では

まだモノクロ写真の方が多かったようです。

 

ちょうど

カラー写真が

普及しつつある時期を経験しました。

 

素直に良くなったとは

感じませんでした。

 

モノクロに

慣れていたのを差し引いても

 

カラー写真は

別物のように感じていました。

 

モノクロで表現できた

白から黒へのグラデーションや

逆光の時の刺さるような光の表現などが

色によって力不足になってしまうような感じでしょうか。

 

好みもあります。

 

今の人にとっては

カラー写真は当たり前です。

 

過渡期を体験した者にとっては

いつまでも残る感覚なのかもしれません。

 

 

今日は曇り空です。

モノクロ写真が撮ってみたくなりました。

 

撮影は2019年11月22日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは リコーCAPLIO GX100、VF-1キットです。

 

 

 

 

フレームの呪縛

  • 2019.11.14 Thursday
  • 12:48

写真を撮るという行為

 

見て感じたままを

 

昔ならフィルムに

今ではメモリーに記録する。

 

なにが面白いのでしょうか?

 

どんな場面を

どういう風にフレームに収めるのか

 

ファインダーを覗きます。

 

どんな写真も

フレームからは逃れられません

 

いい場面を目にしたとき

 

撮ろう!

 

と思う。

 

その時点でフレームはまだありません。

 

構図を決めて

シャッターを押します。

 

後でトリミングすることも多いです。

 

必要に応じてフレーム内の配置は変わります。

 

写真はフレームとの対話なのでしょうか。

 

マンガでよくあるようにフレームから

一部がはみ出すような写真も面白いかも知れませんな。

 

 

「どーでもいいけどちゃんと撮ってよね!」と言ってるみたいです。

 

撮影は2019年11月14日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは リコーCAPLIO GX100、VF-1キットです。

 

 

 

 

おてんとうさま

  • 2019.10.07 Monday
  • 14:58

太陽は

十分離れているので

平行光線の光源としては最高です。

 

キノコの写真を

撮っていると

 

つい

下ばかり

見てしまいますが

 

森の中に

木漏れ日が

差しんでいるのを見ると

暖かさを感じてホッとします。

 

今日は

好天に

恵まれました。

 

 

秋の日差しに照らされて緑色がまぶしいですな。

 

「コナラ」のドングリのようです。

 

撮影は2019年10月7日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは ニコン D60 です。

 

ガチャガチャ!

  • 2019.08.08 Thursday
  • 14:48

カプセルに入った

アレのことです。

 

関西では

ガチャガチャで通じるようです。

 

一か月もすると

中身が変わってしまいます。

 

時々のチェックは

欠かせません。

 

滅多に

気に入るものはありませんが

 

暫く見てないと

気になってしまいます。

 

エヴァンゲリオンの

シリーズで「綾波レイ」の

フィギュアが出たときは嬉しかったです。

 

フィギュアは

不思議なもので

写真と似ているように感じます。

 

それ自体は動かないものですが

眺めていると”動き”が伝わってくるような気がしてきます。

 

見る側が

背景や状況を

想像してしまうのかも知れません。

 

うまく作りこまれたフィギユアは

想像力を刺激してくれますな。

 

 

写真によってはフィギュアのように撮れてしまうこともありますな。

 

撮影は2019年7月8日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM