ハートは重いがハトは軽い!

  • 2018.06.02 Saturday
  • 11:20

小学生の頃。

木造の校舎を建てかえることになった。

校舎にある不用品を処分しなければならない。

生徒も手伝うことになった。

校舎は古い木造でスキマが多い。

教室の天井裏にも何やら要らないものが置いてある。

その時。

軒下の穴からハトが入ってきた。

なかに入り込むと困るので捕まえて外に逃がすことになった。

生まれて初めてハトを持った。

軽い!!!

見た目とは異なりビックリした。

羽は固くてパサパサした感じだ。

手のひらに自分の体温が反射するような温かみを感じた。

傾けても首が柔らかく動いて顔は水平を保つ。

ハトを逃がして穴をふさいだ。

50年前の数十秒の体験だったが今でも覚えております。

純粋で新鮮な子供の頃の記憶です。

生き物も触って初めて分かることがあると思いました。

 

写真は中央にオレンジ色の突起が幾つか見えます。

これも軽そうです。

変形菌のようです。

図鑑(平凡社「日本変形菌類図鑑」荻原博光・山本幸憲=解説、井沢正名=写真)​​では「ウツボホコリ」に似ていますが判然としません。

撮影は1997年7月30日です。

兵庫県宝塚市の最明寺滝近辺です。

(現在は砂防設備のため一部地形が変わっております。)

カメラはミノルタSRT101、MCロッコール​標準F1.7​です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM