暗室に閉じ込められた!

  • 2018.10.04 Thursday
  • 12:57

1970年代。

中学校の写真部で活動してました。

銀塩フィルムと印画紙の時代です。

当時フィルムはフジのネオパンSS、印画紙はフジブロマイド3号だったと思います。

カメラはリコーオートハーフ(ゼンマイ式自動巻きカメラ)でした。

 

校舎2階の理科準備室。

さらにその準備室の中に暗室があります。

四畳ほどの狭い部屋です。

暗室用の赤い電球。

フジの引き伸ばし機。

文化祭の展示用写真の製作をしておりました。

因みに展示の目玉は「サバチェ効果」を使用した建物の写真でした。

通常の撮影済みのフィルムの現像の途中に敢えて1・2秒の光を当ててからさらに現像するとコントラストのある部分では輪郭のみが残った写真が出来るというものです。

中学生としては手探りの技術です。

具体的な光の強さや露光の方法は本にも書いてありません。

一段落してそろそろ帰ろうとした時。

暗室を出て準備室から出ようとすると外から鍵が掛かっているではありませんか!

おそらく暗室の中に人が居ると気付かずに施錠したのでしょう。

パニック気味になり何とか出ようとウロウロすること約15分。

窓のそとは夕暮れ。

小雨交じりの曇り空です。

ふと窓の下を見るとコンクリートの門柱の上が平らで降りられそうです。

そこからさらに地面に飛び降りました。

雨の中を写真部の友人と二人傘を差しながら帰る事が出来ました。

 

こちらのきのこもカサの名が付いているようです。

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「オオヒメノカサの近縁種」に似ています。

撮影は2018年9月18日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコンD60 です。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM