いい写真って何だろう?

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 13:33

小学生のころに親にもらったカメラで写真を撮り始めました。

ピントは固定。

モノクロ写真です。

絞りはF8とF11だけ。

フィルムは手動巻き上げ式。

1本のフィルムで10枚撮れます。

カウンターはフィルムの裏面の遮光紙の数字を窓穴から見ます。

今でいうトイカメラのような感じです。

1枚撮ったら巻き上げます。

巻き上げを忘れたら二重露光になります。

無くなったら次のフィルムを買ってもらうまでナシです。

一生懸命撮りました。

軽いので何処へでも持っていきました。

構図だけに集中しました。

今思うと余計な機能がないので自らの気持ちに正直になれました。

一発勝負。

気持ちと集中力のみでシャッターを押す。

1枚の写真にその人の思いが出ます。

その時代のにおいが感じられます。

昔の写真は過去を覗く道具もしれません。

当時はカメラマンのたまご気取りで撮っておりました。

 

良い写真とは何でしょう。

いまだに分かりません。

 

このきのこもたまご気分でしょうか。

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「タマゴテングタケモドキ」に似ています

撮影は2010年6月28日です。

場所は兵庫県の阪急山本駅から北の山です。

(現在は砂防設備のため一部地形が変わっております。)

カメラは FUJIFILM FinePix 4500 です。

(2枚目の写真は当時のカメラです。)

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM