スーパーって何?

  • 2018.10.27 Saturday
  • 14:43

1960年代。

スーパーマーケットが珍しい頃。

買い物は市場(いちば)がメイン。

アーケードのある商店街に入るとワクワクしました。

入り口で時たま段ボール箱に入れられた子猫がいました。

箱には「子猫もらってください」などと書いてありました。

親は足早にそこを通り過ぎます。

お菓子屋さん。

ばら売りの「ウエハース」「ジェリービーンズ」「ドロップ」。

路地の奥には質流れ品のショーウインドがありました。

金ぴかの腕時計、ライター、指輪、ネックレス。

派手な服の女性が見入っていました。

銭湯もありました。

近くに大人向けの映画館のポスターが貼られていました。

過激な題名が大きな字で書かれていました。

今でいうR18どころではありません。

 

商店街まで遠かったので家の近くに行商のミゼットトラックが来ました。

今でいう移動スーパー?

平たい木箱の中に食糧品やお菓子が並んでいます。

スピーカーで出店を知らせると近所の人が出てきました。

「ロバのパン屋さん」も好きでした。

今でいう移動販売?

 

八百屋さんではザルに入った野菜を新聞紙にくるんでもらいました。

みんな買い物籠持参は当たり前。

今でいうエコバッグ?

なんだか昔に近づいてるような気もしますな。

 

花屋さんも今ほど沢山の種類はなかったと思います。

散歩で見つけた花。

今でもホッとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM