「フォトアート」

  • 2018.12.21 Friday
  • 13:33

昔のカメラ雑誌です。

中学生の頃読んでました。

投稿したことを憶えております。

一次予選は通過しましたがそこまででした。

(ちなみに花火の写真でした)

 

表紙をめくった最初のページ。

夜の港を俯瞰で撮影した風景写真。

船の光跡の一本の線が暗い海を横断しています。

 

夜の港の雰囲気が寂しくも美しい!

「リンホフ・スーパー・テヒニカ」

知る人ぞ知る高性能アオリカメラの広告写真でした。

 

繊細な色合い。

光跡の細かい質感。

今でも鮮明に覚えております。

 

あおり機構のあるカメラは高額です。

まさに広告写真などを撮るプロ仕様のカメラです。

 

広告写真の印象が良かったので

光跡の写真を撮ろうと暗くなってからよく出掛けました。

 

船ではなく道路を走る車の光跡にしました。

広い範囲を狙ってシャッターを「バルブ」にして撮りました。

 

光跡が多い事とライトで道路周辺が映り込んでしまい思い通りの写真にはなりませんでした。

その後も何度か出かけて毎回違った写真となりました。

一つ一つ経験することが楽しかった。

 

見慣れた風景に潜む意外性を狙いたいものです。

 

 

こちらも見慣れた変形菌ですが

毎回違った感じの写真になります。


図鑑(平凡社「日本変形菌類図鑑」荻原博光・山本幸憲=解説、井沢正名=写真)では「マメホコリ」に似ています。

撮影は2018年5月15日です。

場所は兵庫県の中山です。

カメラは ニコン D60 です。

​​

​​

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM