予測不可能!

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 09:41

同じ場所なのに。

毎年異なるきのこが出る。

どんな順番になっているのだろうか?

 

土の中の事だけど。

いつも不思議に思います。

菌糸の気持ちは分かりません。

 

同時に出る事は無いので

発生する条件が違うのは想像できます。

個々の条件に時間の要素が加わると複雑になります。

 

長雨の年。

豪雨だが期間が短い年。

雨は少ないが高湿度が長く続く年。

 

さらに気温の要素など

条件の組み合わせは無限大です。

今年はどんなきのこが出るのでしょうか?

 

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「テングノメシガイ」に似ています。

この場所は以前「シロヤリタケ」に似たきのこが出ていました。

 

撮影は2007年7月25日です。

場所は兵庫県の阪急山本駅から北の山です。

(現在は砂防設備のため一部地形が変わっております。)

カメラは FUJIFILM Fine Pix A345 です。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM