ロール印画紙で巨大焼き付け

  • 2019.02.27 Wednesday
  • 08:50

昔、高校の写真部にいた頃。

 

モノクロ写真用印画紙。

キャビネ版。

四つ切。

半切。

全紙。

 

文化祭では全紙サイズを木枠に貼って展示しました。

 

さらに巨大写真を展示となりました。

そこで

 

ロール印画紙の登場。

 

国産の三菱かFUJIのどちらかでした。

 

引き伸ばし機を90°回転させて壁に向けて投影。

2度ほどキャビネ版で試し焼きをして

露光時間は35分に決めて本番。

 

床に大きな木枠を組んで

縦1メートル以上

横3メートル以上

にビニールシートを被せて

大きなバットを作って現像液を入れました。

 

やや露光不足気味かな思われましたが

像が浮かんでくると綺麗に仕上がりました。

ちなみに鉄橋を走る電車の写真でした。

 

それように横長の写真になるように構図を考えて

わざわざ行って撮影しました。

 

楽しくてひとつひとつの作業にわくわくしていました。

 

 

不思議なものできのこの写真を撮っている時に

ふと昔の事を思い出したりします。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「ダイダイガサ」に似ています。

撮影は20008年7月8日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは FUJIFILM Fine Pix A345 です。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM