シャッターボタンの好み

  • 2019.03.31 Sunday
  • 10:18

デジカメで撮影。

半押ししてピント固定

ファインダーで確認して

シャッターボタンをしぼっていく。

 

昔使っていた

フィルムカメラには

半押しと言う動作はありません。

 

ピントよし

絞りもよし。

シャッター速度よし。

最後に再度ピントを確認しながら

意識を集中してシャッターを切りました。

 

被写界深度を意識して

絞りとシャッター速度を考える。

 

マニュアルの要素が多い分

最後にシャッターを押すときの

集中力がデジカメとは違っていました。

 

フィルムなので一発勝負!

結果は現像するまで見られない。

そのプレッシャーもあったのでしょう。

 

だから

シャッターボタンが大事だった。

 

ストロークが長すぎるとだれる。

短すぎると緊張しすぎる。

 

手触りや

押し込むときの

感触と力加減など

カメラによって少しずつ違っていました。

 

懐かしいけど

便利になったから

今の方がいいよね。

 

果たしてどうなのでしょうか?

 

シャッターボタンは良く触れる部分なので思い入れも強いのかも知れません。

 

 

こちらも姿形に特徴があります。

 

図鑑(平凡社「日本変形菌類図鑑」荻原博光・山本幸憲=解説、井沢正名=写真)​​では「キフシススホコリ」に似ています。

撮影は2007年8月2日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは FUJIFILM Fine Pix A345 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM