自分を見失う

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 14:58

山菜採り

キノコ狩り

楽しみの多い山歩き。

 

ですが

 

ニュースなどを

目にするたびに

思い起こすのが

21年前の道迷いです。

 

兵庫県は

北摂山群の一つ

標高584.4m

地図の案内文には

わざわざ「藪山」とあります。

 

山の標高は

低いからと言って

迷いにくいとは言えません。

 

裾野が長く藪山とくれば

迷わないように注意深く

歩かなければなりません。

 

当時は初心者で

地図の案内文を

読んでも本当の意味が

分かっていませんでした。

 

歩き始めて

天候が急変しました。

あられと強風で寒さが

強くなって焦ってしまいました。

 

下山しようと

気づかぬうちに

黄色い樹脂製の杭を

目印にして歩いておりました。

 

じつは高圧鉄塔保守用の

目印だったのです。

 

やがて高圧鉄塔に着き

行き止まりになりました。

 

そこで初めて

現在位置を見失ったことに気づきました。

 

当時読んでいた

入門書には迷ったら

来た道を引き返すべし

とあったのを思い出しました。

 

ですが

登り返すのを

めんどくさく思いました。

 

気持ちを落ち着けるため

インスタントコーヒーを飲みました。

 

やがて出発

暫くすると

分岐に出ました。

 

足元には

さっき見落としていた

本来の道標が有りました。

 

天候の急変で道も自分も

見失ったのかもしれません。

 

今となっては

貴重な経験です。

大事にならずに良かったです。

 

ちなみに山名は「堂床山」です。

 

 

一人で歩いている時

生き物を見つけるとホッとします。

 

撮影は2019年5月22日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM