人魚のミイラ

  • 2019.05.30 Thursday
  • 14:03

昔から

人は面白い話を

求めているのでしょう。

 

古くは

旅の僧侶などに

興味深い出来事などを

聞いていたとか。

 

読み書きできる人が

少なく伝聞が多かったと思います。

 

見世物小屋や

映写機による鑑賞会は

好奇心を満たしてくれる貴重な

ものだったと想像することができます。

 

昭和の頃の

テレビ番組にも

面白いのがありました。

 

各地に伝わる

珍しい物をスタジオで

専門家に観てもらうというものでした。

 

印象に残っているのは

「人魚のミイラ」と言われるものでした。

 

動物の体に詳しい専門家は

猿の頭と大きな魚の一部を

繋ぎ合わせたものであろうと言う意見でした。

 

結果はどうであれ

ひとつの結論としては

納得できるものでした。

 

他にも

カッパのミイラや

足のある蛇などがあったように思います。

 

納得できる反面

現実的で夢がしぼむ様な

答えが多かったようです。

 

知りたいという

欲求は昔も今も変わりませんな。

 

 

写真を撮ってても何か分からないものも多いです。

 

撮影は2019年4月28日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM