竿秤(さおばかり)はデジタルを超える?

  • 2019.06.03 Monday
  • 14:28

昭和30年代。

 

地方では

行商人による商いがありました。

 

京都の北の端の町にも

行商の人たちが行き来していました。

 

当時は

電子計量器など

あろうはずもなく

電池要らずの”アナログ”計量です

 

豆などは

升で量りますが

それ以外は

バネ秤か

竿秤を使いました。

 

竿秤は

計量が一目瞭然で

誰にでもわかりやすく

ごまかしようがありません

 

さらに

「おまけ」を追加するときも

重りを横にスライドするだけなので

その長さによって「おまけ」の量が分かります。

 

「じゃあこれくらいおまけしときます」

その一言と竿の目盛移動で商談成立

実にスムーズでした。

 

私は小学校低学年で

横で見ておりましたが

「おまけ」が十分理解できました。

 

今や

デジタル全盛ですが

電気要らずの省エネで

さらに「おまけ」を一瞬で決めるのは

デジタル機器にはまねできない事だと思います。

 

 

この色もごまかしようがありません。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​では「ヒイロタケ」に似ています。

 

撮影は2019年6月3日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは ニコン D60 です。

 

コメント
コメントする