井戸を覗きこむと!

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 09:00

祖父母の家は

古い建物でした。

 

何代か

受け継がれた

その家の大きな台所には

流し台の横に井戸がありました。

 

当時は

もちろん現役で

使われていました。

 

夏に井戸で冷やすものといえば

 

西瓜です。

 

流し台で

魚をさばきながら

「今日は西瓜冷やしてるから」

と祖母がニコッとして言います。

 

井戸に浮かべた西瓜の

冷え具合は格別のものでした。

 

西瓜が喜んでいるような味がしました。

 

日本海に面した

その地域では氷屋さんが来ます。

 

氷の冷蔵庫に

入れる氷を配達してもらいました。

 

玄関の近くで

氷屋さんが氷を

切り分けるのを眺めるのが楽しみでした。

 

荒目の専用ののこぎりが

動くたびに氷が細かくなって雪のように舞いました。

 

子どもの頃の夏の風景は純粋な形で残るようですな。

 

 

氷のような白さ?

夏に感じる涼しさにも色々あるようです。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「マツオウジ」に似ています。

撮影は2019年7月29日です。

場所は兵庫県の阪急山本駅から北の山です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM