手になじむ道具

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 08:58

カメラもいくつか使いますが

 

手にしたときの感覚は大事です。

 

実際に写真を撮る時の持ちやすさ

ファインンダーの横から差し込む光が不快ではないか

シャッターボタンの手触りと

押し込んだ時の感覚!

 

きのこの場合は

かがんだ姿勢での操作のしやすさが大事です。

 

デジタル機器が増えても

人の身体や感覚はいわゆるアナログなのですね。

 

さらに人によって撮り方も違います。

 

操作画面の文字と色も

好みの分かれるところです。

 

カメラを道具として見た場合

愛着が湧くかどうかは重要でしょう。

 

撮りたくなるカメラ!

 

それが売れるかどうかを左右しますな。

 

カメラの形や手触りは多様になったようですが

手にした時の重心の位置や操作のしやすさは

いま一つのような気もします。

 

好みの感覚にどれだけ近づけるかですな。

 

 

 

いよいよ日差しがありがたい感じがしてきました。

 

撮影は2019年11月12日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM