鉛のような寒さ?

  • 2019.11.28 Thursday
  • 11:07

きょうは日差しもなく

鉛のような空です。

 

「鉛のような」

という表現で思い出すのが

 

夏目漱石の「こころ」と言う小説です。

 

「鉛のような飯を食った」

 

良心のつらさ

重い気持ちが伝わります。

 

1960年代

駄菓子屋で10円で買った

経木でできた飛行機の先端に付いていたのも鉛です。

 

鉛のおかげで

良く飛びました。

でも人に当たると危なかったです。

 

今日は散歩途中で帰ってきました。

 

強風に加えて鉛色の空が寒く感じました。

 

 

散歩には気力も必要ですな。

 

撮影は2019年11月28日です。

場所は兵庫県の宝塚市内の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM