地図から消えた道

  • 2018.02.24 Saturday
  • 10:59

北摂山域は低山の山域である。

山と言えば富士山や穂高岳など標高の高さに目が行く。

低山は標高こそ低いが頂上までの道のりが長く道に迷いやすい。

山歩きの練習には良い。

等高線以外に日の当たり具合、展望の有無、風の具合など経験して初めて分かるものも多い。

低山の経験が少ない人は山歩きの初歩的な経験が浅いとも言える。

とは言え地図は重要である。

毎年最新版を使用していた。

あるとき前年の地図に在った道が無いのに気付いた。

地図に表記のない道は通らない方が賢明である。

山の所有者の承諾を得て踏み跡のしっかりした道を表記してあるのでそれ以外の道は危険なことも多い。

北摂山域には猟期のある山もあり冗談では済まない。

表記の無くなった道は景色の良さそうな予感があったので残念である。

想像に留めておくことにしました。

山で道に迷うと精神的に追い詰められて無駄に体力を奪われ遭難につながります。

頻繁に地図に照らして違和感があればすぐに確認する方が良いと思います。

 

今回は変形菌です。

2017年12月10日のブログの「マメホコリ」?の様ですが色に違和感色があります。

図鑑(平凡社、「日本変形菌類図鑑」)​​では「タチフンホコリ」に似ています。

撮影は1996年6月19日です。

場所は宝塚市阪急山本駅から北へ約30分の最明寺滝から徒歩20分圏内です。

(現在は砂防設備のため地形が変わっています。)

カメラはミノルタSRT101、MCロッコール​標準F1.7​です。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM