曖昧でくすぐったいのも良し

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 11:03

昔は

白黒つけない。

つけられない事が多かった。

 

様子を見る。

気配を察する。

情報が少なかった分

洞察力で補っていたのかも知れません。

 

木工では寸法の「遊び」も大切。

のこぎりの「あさり」の分も計算に入れます。

 

地震にも耐える伝統的な木造の建造物も沢山あります。

誤差を吸収する工夫がちゃんとあるのでしょう。

 

きっちり作り過ぎないから良い?

 

今やデジタル時代

実際は曖昧で複雑に絡んでいても

はっきりしたものが求められているのでしょうか。

 

きのこの同定も簡単ではありません。

 

ふつうのきのこと毒きのこは紙一重!

白黒はっきりしないことがほとんどでしょう。

 

まさに曖昧の連続のような気が致します。

 

そこがまた面白いのかも知れません。

 

 

このきのこも曖昧。

でも毒キノコならかなり危ない?

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「コレラタケ」に似ています。

撮影は2006年5月14日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは FUJIFILM Fine Pix A345 です。

 

 

美学

  • 2019.04.06 Saturday
  • 09:30

女性の美学

とくれば

男の美学

 

女性…

の場合は

見方を変えたさまざまな美しさ。

 

男の…

と言う場合は

「こだわり」あるいは「矜持」

のような意味合いもあるのでしょうか。

 

「美学」と言う言葉

数十年前のテレビCMなどで

見聞きする事が多かったように思います。

 

今や

古典的と感じる

言葉かも知れません。

 

アニメ「ルパン三世」に出てくる

数々のルパンの名セリフは

当時の雰囲気を伝えてる

と思います。

 

純粋に学問としての「美学」は

私的感情とは無縁で

冷静です。

 

もしあれば

「きのこの美学」って

どんな感じになるのでしょうか?

 

 

ヒダが深く横から見ると美しい?

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「ヒロヒダタケ」に似ています。

撮影は2007年6月23日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

FUJIFILM、」FinePixA345です。

 

市街地の片隅で

  • 2019.03.25 Monday
  • 15:05

クマ。

イノシシ。

 

野性動物による被害が増えているようです。

 

地続きだから移動できるのは当たり前

さらに泳いで移動する場合もあるようです。

知られていない事がまだたくさんあるのでしょう。

 

市街地にもコウモリやイタチなど

目立たないけれどひっそりと生息しております。

 

イタチは夜間や早朝に時々見かけます。

細長い体と素早い身のこなしで

眼で追えないくらいです。

しかもほぼ無音!

 

人の近くでも

夕方のコウモリは分かりやすい。

 

普段目立たない

夜行性の動物は

どのくらいいるのでしょうか。

 

昔見た外国のSFドラマ「インベーダー」を

思い出しました。

 

 

こちらのきのこは目立ちます。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「イタチタケ」に似ています。

撮影は2007年7月7日です。

場所は兵庫県の阪急山本駅から北の山です。

(現在は砂防設備のため一部地形が変わっております。)

カメラは FUJIFILM Fine Pix A345 です。

 

さくら餅

  • 2019.03.21 Thursday
  • 09:59

気が付けば

桜の開花だよりも

ちらほらと聞こえ始めました。

 

春一番

の次はさくら

連想するのは桜餅でしょうか

 

さくらの色は

ほんのり甘い春の味覚を

思い起こさせてくれます。

 

関東と関西では

見た目や謂れも異なるようです。

 

関西のは

ピンク色のおはぎ

のような感じでしょうか。

 

桜の葉っぱの

香りと塩加減は

まさに春の味覚です。

 

桜餅は季語にもなっているそうで

四季の移り変わりは様々なものを感じさせてくれます。

 

 

こちらは桜ではなく菊?

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「キクバナイグチ」に似ています。

撮影は2007年7月25日です。

場所は兵庫県の阪急山本駅から北の山です。

(現在は砂防設備のため一部地形が変わっております。)

カメラは FUJIFILM Fine Pix A345 です。

どぜう

  • 2019.03.17 Sunday
  • 10:53

昔の書き方です。

 

「行きませう(行きましょう)」

「やりませう(やりましょう)」

そして「どぜう(どじょう)」

 

55年くらい前。

住んでいたアパートの近くの

大きなお屋敷の周りの溝にどじょうがたくさん居ました。

 

掃除で掻き出された泥から

どじょうが何匹も出てきました。

つかまえると「きゅー♪」という音がしました。

 

身近に自然の生き物がいた時代でした。

 

 

自然にあるものを見ると嬉しくなりますな。

美味しそうな色艶。

ただし人によっては腹痛を起こすとか。

昔は「キマツタケ」と呼ばれた地方もあったとか。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「マツオウジ」に似ています。

撮影は2006年5月20日です。

場所は兵庫県の宝塚市の中山です。

カメラは FUJIFILM Fine Pix A345 です。

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM