疲れると脳がめんどくさがる!

  • 2018.09.02 Sunday
  • 13:25

山歩きの単独行では判断できるのは自分だけだ。

踏み跡の分岐では慎重に行動したいものです。

焦りは禁物!

拙い経験からすると道の方向は当てになりませぬ。

蛇行している場合があるのです。

休憩して脳にも糖分補給!

コーヒーでも飲んで落ち着くのも良し。

後で考えると全体を見渡す事を忘れている場合が多いようです。

体力にまかせて歩き回ると来た道すら分からなくなることもあります。

あまり偉そうなことは言えません。

一度迷うと慎重になります。

経験を活かすのも大切という事かもしれませぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪〜ころころどんぶりこ〜♪

  • 2018.08.25 Saturday
  • 09:02

行きたいときにいくのが良し。

しばらくぶりに山に出かけました。

いつ行っても変化を感じます。

足元に秋を感じてしまいました。

 

撮影は2018年8月23日です。

場所は兵庫県の中山です。

カメラはニコンD60です。

 

 

 

あなたにとっての「至福のひととき」なに?

  • 2018.06.02 Saturday
  • 11:51

山に行った帰り道。

電車の中で山の景色を思い返しているとき。

山の余韻にひたっているときでしょうか。

山と言っても1000メートル未満の日帰りできる山です。

季節によって景色も変わり。

見る花や虫もちろんキノコも変化します。

歩いている時は一生懸命です。

帰り道は体も暖まって程よい疲労感があります。

車窓を見ながらすでに想い出になりつつある風景を思い返します。

無事に帰れる安心感もあり至福のひとときとなります。

 

お〜でか〜けで〜すか?

  • 2018.05.25 Friday
  • 13:55

「レレレのおじさん」お元気ですか。

私は相変わらず出かけております。

子供の頃はそんなに出かけることあるの?

と思っておりました。

でも時々出かけたくなるのです。

外の空気を吸って

日光に当たると気持ちが変わります。

ちからが充填されるみたいです。

道端の草を見たり知らない木の実を触ったりすると元気になります。

山の上から景色を観ると胸がスッとします。

山行きの姿をした人を見ると「おでかけですか」と聞こえてきそうです。

 

写真は兵庫県北摂山域の「大岩が岳」からの景色です。

中央に千刈ダムの一部が見えております。

撮影は2004年5月8日です。

カメラはFUJIFILM FinePix4500です。

 

 

 

 

 

百聞は一見に如かず!

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 14:01

当たり前の事だが納得させられる。

地図の等高線の頂点が気になる。

この頂上なら景色が良いだろうと思えてくる。

今やデジタル時代。

パソコンで「カシミール」というソフトを見ていると簡単に行けそうな錯覚に陥る。

いざ出かけてみると道に迷いそうになる。

山道と言うのはほんの数歩移動しただけで景色が違ってしまうこともある。

油断すると道の分岐点を見逃す。

さて期待して出かけた「山頂」は木や草が生い茂りそれどころではなかった。

意地で数メートル移動して見えたのがこの写真である。

実際に行ってみないと分からぬものである。

 

兵庫県の宝塚の中山近郊にあるとある「ピーク」からの景色です。

撮影は2005年5月7日です。

カメラはFUJIFILM Fine Pix 4500です。