あまーいのとにがーいの?

  • 2018.09.24 Monday
  • 15:54

スーパーで売ってるのを見た時はビックリ!

こんなの売ってるの。

ミツバアケビなんて

山で採るものとばかり思っていたのに。

今見ても食品トレーに入ってラップされてる姿には違和感があります。

初めて山で見たのはパックリきれいに開いたものでした。

きのこを捜して下ばかり見ていましたが

川沿いのちょっとした木に蔓が巻き付いているのを見上げたら

そこに紫色のものがパカッと開いてぶら下がっていました。

鳥にも食べられていないようでした。

 

実の味はとにかく甘さオンリー!

苦味も酸味もなし。

ところが皮の方は苦味オンリー!

なんとも極端な味の分担。

 

今まで食べた中でこれほど甘味しかない実は初めてだと思います。

ただ見た目は白いゼリー状の中に沢山の種が透けて見えます。

”グロい”と思う人もいるかもしれません。

それと種を除くのは難しいので種ごと食べてあとで種だけ出すしかないようです。

紫色の皮と白い実。

他に類のない秋の味覚かも知れません。

 

ちなみに写真のものはこちらが崖っぷちで手が届きませんでした。

ズームを効かせたので近くに見えます。

撮影は2018年9月24日です。

カメラはニコンD60です。

 

 

 

 

こんなん出来ましたけど〜

  • 2018.09.08 Saturday
  • 09:41

夜中の2時半頃。

ドーンという雷鳴で目が覚めた。

落雷は数億ボルトの電圧だとか。

雷光の形には怒りのようなものを感じる。

 

自然はエネルギーもセンスも桁違いです!

山歩きで草木や昆虫、鳥などを見ていると美しいと感じる。

その流れで鉄塔や立て看板を見ると違和感を覚える。
昔から動植物をモチーフとするデザインは多い。

自然の造形センスの前では人のデザインは無力に近いようです。

 

 

 

 

 

 

疲れると脳がめんどくさがる!

  • 2018.09.02 Sunday
  • 13:25

山歩きの単独行では判断できるのは自分だけだ。

踏み跡の分岐では慎重に行動したいものです。

焦りは禁物!

拙い経験からすると道の方向は当てになりませぬ。

蛇行している場合があるのです。

休憩して脳にも糖分補給!

コーヒーでも飲んで落ち着くのも良し。

後で考えると全体を見渡す事を忘れている場合が多いようです。

体力にまかせて歩き回ると来た道すら分からなくなることもあります。

あまり偉そうなことは言えません。

一度迷うと慎重になります。

経験を活かすのも大切という事かもしれませぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪〜ころころどんぶりこ〜♪

  • 2018.08.25 Saturday
  • 09:02

行きたいときにいくのが良し。

しばらくぶりに山に出かけました。

いつ行っても変化を感じます。

足元に秋を感じてしまいました。

 

撮影は2018年8月23日です。

場所は兵庫県の中山です。

カメラはニコンD60です。

 

 

 

お〜でか〜けで〜すか?

  • 2018.05.25 Friday
  • 13:55

「レレレのおじさん」お元気ですか。

私は相変わらず出かけております。

子供の頃はそんなに出かけることあるの?

と思っておりました。

でも時々出かけたくなるのです。

外の空気を吸って

日光に当たると気持ちが変わります。

ちからが充填されるみたいです。

道端の草を見たり知らない木の実を触ったりすると元気になります。

山の上から景色を観ると胸がスッとします。

山行きの姿をした人を見ると「おでかけですか」と聞こえてきそうです。

 

写真は兵庫県北摂山域の「大岩が岳」からの景色です。

中央に千刈ダムの一部が見えております。

撮影は2004年5月8日です。

カメラはFUJIFILM FinePix4500です。