夏の駄菓子屋さん

  • 2018.08.03 Friday
  • 10:43

夏はジュース。

アイスキャンデー。

わらびもち。

夏の駄菓子屋さんは子供にとって大事な休憩場所だった。

虫取り網をもった子供が水分補給をする。

定番のラムネ。チェリオ。パレード。などが店先の冷蔵庫の中で冷えている。

ゴムの容器に入った丸っこいアイスクリーム。

三色のアイスキャンデーとホームランバーは外せない。

蝉の声を聞きながらよく食べました。

少年マガジンが50円くらいだったと思います。

 

 

アブドライバー

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 11:39

時々コミックを読んでます。

好みがピンポイントです。

その狭い好みの一つが「コトノバドライブ」です。

芦奈野ひとしさんの作品です。

妖怪や心霊でもない。

超能力とも異なる。

自然現象の延長線上にそのような体験もあるような感じ。

ジャンルをあえて決めない。

私の経験にもありそうなお話。

なんとも興味深いが怖くはない。

ほのぼのとした自然に対する畏敬の感覚すらあるような気がします。

「アブ」にまたがって飛ぶ?

 

 

ふわふわの黒い毛の生き物!

  • 2018.06.08 Friday
  • 14:16

「カサカサ♪」

「……」

「カサカサ♪」

目覚めるとまくらの横にカゴが置いてあった。

中にクシャクシャにした新聞紙がある。

中から音がする。

親が来て新聞紙のふたをそっと開けると黒い小さいものが動いていた。

その時初めて生きたモグラを見せてもらった。

親が偶然つかまえたものだった。

ふわふわの黒い毛。

一生懸命前足でもぐるような動作を繰り返す。

小さいが力強さを感じた。

爪がとんがっていて危ないので触らないように言われた。

その後モグラは逃がされた。

まんがのイメージとはかなり違っていた。

こどもの頃の生き物との出会いは記憶にしっかり残るような気がします。

 

今でも山に行くとわくわくします。

ただムカデやヤスデにも会います。

今日もムカデを見かけました。

しばらく動きを見てしまいました。

 

写真は山で見つけたクワガタムシです。

撮影は2006年7月9日です。

カメラはFUJIFILMFinePixA345です。

 

カタツムリ大好き!

  • 2018.05.21 Monday
  • 13:56

山ではさまざまな生物に出会えます。

よく分からないものには手を出さないほうが賢明です。

カタツムリが好きといえばこれでしょう。

「マイマイカブリ」です。

時々昆虫にも味覚は有るのかなと思います。

ただ機械的に食べているのでしょうか。

おそらく人間の感覚とはかなり異なるであろうことは想像できます。

木の根元には昆虫などが隠れていることがあります。

この甲虫は飛ばないですが危険を感じると尾部から液体を噴射するらしいです。

後方だけでなく上方にも飛ばせるらしいので注意が必要です。

色は地味ですが特徴のある形です。

山では休憩の際も気を抜けませんが謙虚な気持ちで観察したいものです。

昔「カイコ」のさなぎを食べたことがあります。(おみやげの珍味です)

ぺしゃんこで全体が真っ黒です。

袋には数十個入っていました。

少し煎って食べてみましたがカビのような匂いがしてまあ美味しくはなかったです。

同じ時に食べたイナゴの佃煮の方が美味しく感じました。

ただ食感はガサガサして今一でした。

虫嫌いの方失礼しました。

 

撮影は2005年5月12日です。

場所は兵庫県宝塚市の検見山の山中です。

カメラはFUJIFILM FinPix 4500 です。

 

 

無くてナナフシ?

  • 2018.01.07 Sunday
  • 13:31

七草粥が食べたくなる時期であります。

 

森では菌類も春の気配を待っていることであろう。

わたくしも同じ思いであります。

夏のあつい日のことです。

きのこを見つけてファインダーを覗く。

日光を確かめて横に一歩ずれる。

近くの木の上に気配を感じました!

大きい!!

迫力に気を取られ身を引いてしまいました。

草食で毒はないと聞きますが飛ばないので助かります。

彼は静けさを味わうように堂々と佇んでおりました。

 

撮影は2006年7月15日です。

場所は宝塚市中山山頂から徒歩30分圏内です。

カメラはFUJIFILM、FinePixA345です。