ナナフシ探検隊

  • 2018.08.17 Friday
  • 12:46

セミはどれくらいの暑さまで耐えられるのだろうか。

土の中は過ごしやすいのだろうか。

暑さもややマシになってきたようです。

以前カマキリがアブラゼミをつかまえているところを見たことがあります。

セミがあばれてもまったく動ずることなくカマでかかえて平然としていた。

昆虫目線だと山の中は危険がいっぱいと言ったところだろうか。

ましてまだ小さなナナフシにとっては冒険の始まりかもしれませんな。

きのこを食べるつもりなのかどうかは聞いてみないとわかりませぬ。

 

撮影は2006年5月14日です。

場所は兵庫県の中山です。

カメラはFUJIFILM FinePix A345です。

 

 

黄色と黒は○○のしるし〜♪

  • 2018.08.09 Thursday
  • 13:20

工事現場。

立ち入り禁止。

何かあぶないイメージ。

この色の組み合わせと言えばこれでしょう。

オニヤンマ。

しかも脱皮直後のようです。

ヤゴも肉食で獰猛(どうもう)なイメージですが成虫は迫力が違います。

近くで見ると結構大きくてビビります。

 

撮影は2006年7月15日です。

場所は兵庫県の中山です。

カメラはFUJIFILM FinePix A345 です。

 

 

秋の準備!

  • 2018.08.05 Sunday
  • 10:20

ひとによるのかも知れませんが秋になったときに夏の疲れが来るように思います。

やはりタンパク質もしっかり摂っておきたい。

大きな木の周りに蝉が這い出たであろうたくさんの穴。

近くの木にはその抜け殻がいっぱい。

甲子園も暑そうだ。

蚊が少ないのだけは助かります。

近くの伊丹市の「ズガ池」からは伊丹空港からの飛行機が見えます。

暑くても気晴らしにちょっとだけ出かけたくなります。

 

 

 

夏の駄菓子屋さん

  • 2018.08.03 Friday
  • 10:43

夏はジュース。

アイスキャンデー。

わらびもち。

夏の駄菓子屋さんは子供にとって大事な休憩場所だった。

虫取り網をもった子供が水分補給をする。

定番のラムネ。チェリオ。パレード。などが店先の冷蔵庫の中で冷えている。

ゴムの容器に入った丸っこいアイスクリーム。

三色のアイスキャンデーとホームランバーは外せない。

蝉の声を聞きながらよく食べました。

少年マガジンが50円くらいだったと思います。

 

 

アブドライバー

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 11:39

時々コミックを読んでます。

好みがピンポイントです。

その狭い好みの一つが「コトノバドライブ」です。

芦奈野ひとしさんの作品です。

妖怪や心霊でもない。

超能力とも異なる。

自然現象の延長線上にそのような体験もあるような感じ。

ジャンルをあえて決めない。

私の経験にもありそうなお話。

なんとも興味深いが怖くはない。

ほのぼのとした自然に対する畏敬の感覚すらあるような気がします。

「アブ」にまたがって飛ぶ?